未分類

結婚祝いのタブー 贈ってはいけない物

更新日:

新婚の二人を祝福して贈る結婚祝いのプレゼント。
新居で使ってもらいたい物や二人の前途を祝って記念になる物など喜んでもらいたいと贈った物が、タブーな商品だった場合、自分の意図する結果と正反対の結果になってしまいます。

最悪だと思いませんか?

私の後輩が親戚の披露宴で歌を歌うことになりました。
この後輩は歌がうまく親戚内でも評判だった為、皆が期待して彼の歌を待っていました。
そして彼が挨拶をする順番になり曲目発表!!
T-BOLANの【離したくない】!?

この曲は名曲ですが、別れを歌った曲です。曲名としては良いんですが、内容が。。。。
後輩は歌い出し(『今お前をこの腕に抱きたくて』の部分)で【まずい!しまった!】と思ったようですが、今更さら引けないので熱唱したそうです。
彼が気合いを入れて歌うほど会場ドン引きになり、違う意味でザワついて終わったそうです。

この様に【知りませんでした】ではすまない場合があるので、事前に押さえて頂きたい点です。
タブーな商品の中には、つい贈ってしまいそうな商品も含まれています。

では紹介していきます。

刃物

切る行為を行う物は、【縁を切る】事を連想させるのでタブーとされています。
二人の新生活の為に、包丁や調理ハサミ、洋食器などは実用的なのでチョイスしたくなりますが縁起を担ぐ人には、不快に思われるので注意が必要です。

白いハンカチ

これは弔事(葬式や法事など)に用いられる事が多い事から慶事(結婚式や還暦祝いなど)ではタブーとされています。
またハンカチは日本語で手巾と書きます。読みは【てぎれ】。
これでお分かりと思いますが、手切れは絶交を意味しますので、結婚祝いにおくるのはタブーです。

陶磁器・食器

割れてしまう物は、仲が割れるを連想するので、結婚祝いには向かないとされています。
ちょっと高価な食器はプレゼントとしてポイントが高い商品ですが、シチュエーションによっては向かない場合がある事を覚えておくと損はしないと思います。

結婚祝いでプレゼントする事は少ないと思いますが、櫛もタブーです。
完全に当て字ですが【苦死】とも書く事が出来る事から慶事には不向きとされています。

壊れる時に歯が欠ける(家族が掛ける事を連想させる)という状態にもなる事もその原因と考えられます。

シクラメン

これも櫛と同じで、死と苦を含むので慶事には不向きとされています。
鉢植えでの販売になる商品ですので、新居へお伺いした時のプレゼントとしてチョイスしてしまう可能性があります。
基本的に花は贈ると喜ばれる商品ですが、この花は注意するべき商品となります。

結婚祝いのタブー 贈ってはいけない物のまとめ

一般的に、結婚祝いでは【切れる】【割れる】【死】【苦】を連想させる物はタブーとされています。

また、結婚と同時に家を購入しているカップルの場合は、新居祝いも兼ねています。
この場合には、【火】を連想させるストーブやろうそくなどもタブーとなります。

令和の時代に、櫛やろうそくをプレゼントする事は無いと思いますが、少し高価な陶磁器や硝子の食器類や調理バサミなどは知らないとつい贈ってしまいそうなプレゼントですので、注意が必要です。

私が結婚時に頂いたプレゼントは・・・
義父⇒堺一文字の包丁セット
義弟⇒ガスストーブ
友人⇒陶器や硝子の食器多数

さすがにシクラメンと櫛はありませんでしたが、タブー満載でした。
ここだけ見ると、義父は縁切りを望んで、義弟は新居に災いが起これば良い、友人たちもさっさと別れろ!といっているように見えますが、全員に祝福されて結婚しています。

ただ、義弟からのストーブは重宝しましたが、義父及び友人から頂いたプレゼントは、殆ど使用せず食器棚とたんすの肥やしになっていました。
そして平成の終わりの日に離婚しています。

タブーとの関係は分かりませんし、プレゼントを下さった方々を恨むつもりもありません。
ただ、もし再婚する事があれば事前に食器類のプレゼントはご容赦いただきたいと考えています。
場所をとるだけで使いませんので。。。

以上が結婚祝いのタブーです。
一番喜ばれるのは、何が欲しいか聞いて買うことかもしれません。
新郎新婦が忙しそうなら、友人同士で相談したり、最近結婚したカップルに貰って嬉しかった物を聞いて贈るのも一つの方法です。

是非、心を贈って笑顔を貰ってください。

-未分類

Copyright© 大切な誰かへのプレゼント , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.